任意整理とは普通債務整理というようにも呼んでいておのおのの債権者に支払いを行って

任意整理とは普通債務整理というようにも呼んでいておのおのの債権者に支払いを行っていくことを選ぶ借金を整理する手順です。

一般的な流れですが、司法書士もしくは債務処理経験のある弁護士貸し手と債務者の仲介をして、利息に関する法律に従って適切な利息計算を行って再度計算した借入金の元金について利子を減額することによって36か月ほどの期日で返済を完了する債務整理の手順です。

任意整理には各種裁判所のような公的機関が管理することはないためこれ以外の処理と比べた場合でも採用した場合における不利になる点があまりなく、過程自体が借金をしている人に一番負担になりませんので、ここから選択したほうがよいモデルといえます。

また、債権を有する者が消費者金融といったような高額な年利だった場合は、利息制限法で決まっている貸出利息を超えて返した利息分は借入金の元金に適用できると判断し借りたお金の元金それそのものを減らすことも不可能ではありません。

つまりは、ヤミ金業者に類する高額な利息のところへある程度長い期間返している例ではある程度のお金を減らすことができるようなこともありますし10年くらい返してきたケースでは負債自体がクリアーになることもないとは言えません。

借金の整理の良いところとすると、自己破産手続きとは違い一定のお金だけを処理していくことになるので他の保証人がいる負債を除いて整理をしていく場合やマンションのローン以外について整理していく場合などでも適用することが可能になりますし築き上げてきた財産を処分してしまう必要がないので、貴金属や土地などの個人資産を所有しているものの、処分してしまいたくない場合にも活用可能な借金整理の方法といえます。

ただし、今後の返済金額と実際の可処分所得を比較検討して、だいたい返済の目処が立てられるようならばこの手続きで進めることは可能ですが、破産とは違い返済義務自体が消えるということではないため、元金の総量が大きいような場合は、残念ながら任意整理による手続きを進めることは困難だということになります。