何より辛かった取り立てが中止させることができた!

借金を作って一番の苦しい経験だったローン会社からの取立てが止めることがした僕の体験談です。私はある工場の派遣として働いているのですが、僕の1年の収入は190万程度しかなりません。月の収入は15万という金額なので、寮費や水道代、生活費に交際費で充てて生活しているのですが、毎回ギリギリの給料なのです。そういうこともあり、月末お金が足りなくなるたびに低金利ローンから借入れをずっと繰り返していました。少しでも金利を少なくしたかったということもあり、カードを作ってからすぐの借入れでおよそ1か月無利息というシステムの業者を手あたり次第ぼくは借りてました。月給がそんなに多くないということで、1社に対しての借り入れ額は10万の範囲でやめていますが、しかし、現時点で、元本にして600000円、それまでの利息も入れると合計100万円近くの借り入れ金にまで上り、1か月ごとの返済も40000円ほどで、返すことが困難な状況になってしまったのです。

今僕が借り入れのあるサラ金会社は合計6社です。この金融会社から借金返済をせまるの郵便物やら直接の電話が、代わる代わる入ってくるので、きちんと返済できない自分自身がどうしようもなくダメとわかっているけれどげんなりしてしまいました。交代勤務を終え、スマホを確認してみると恐ろしい数のカード会社からの電話が毎日届き、そうこうしている間に携帯電話の毎月の料金も払えなくなって止められると分かると、勤務先に訪ねて来たカード会社の人間も何社かのです。これが長く続くようなら仕事をしていくことも難しくなると思い、藁をも掴む思いで司法書士へ事情を説明し、任意整理の処理をとることにしました。この日から少し経ってからのことです。負債返済に関して司法書士が受忍通知をキャッシング会社に通知してから、ほんの1社からもひどい取立て 取りたてがストップしのです。夢ではないかと疑うくらいにプッツリとおさまってひと安心でした。

恐怖から解放されて、少しずつ前向きになり、これからの返済方法や、どのようにやり繰りしていくのかをじっくりと考え抜く期間を持つことが出来たのでした。その一方で、司法書士の方がそれぞれの金融会社ずつ負債返済の話し合いをしていただき、金利の縮小による、カードローン返済額を減らしていくという案を取りまとめてくださって本当に安心しました。おかげで1か月のローン返済額は二分の一にダウンし、前向きにやり直す意欲を見出せるようになり本当に嬉しかったです。こんなに急に現状が改善出来るのなら、もっと早く司法書士にまず相談に行けばだったかなと後悔しました。借金問題は、焦らず行動することでクリアできるのです!まずは弁護士事務所や司法書士事務所に電話することをください。