借りた金が返していけなくに突然給与が差押さえられて焦りました!!

私は現在札幌市で人材派遣に登録する形で3交代で勤務していますが、月給は大してもらえる訳ではありませんでした。ボーナスはもらえない状況で、ハンディキャップを持っている兄弟の介添えをみたりしていて、毎月の費用は普通の家庭と比べれば多いしまうのですがこればかりは仕方ありません。もっとお金になる工場を求人情報をチェックしてはいるのですが、このままの給料ままでは本当に食べるのがやっとで苦しいこともしょっちゅうだったので、少しずつサラ金の借りいれ額も増えていったのです。

返済を何ヶ月間か払うことが出来なくなってしまったところ、なんと、派遣元から僕の給与が差押えられていると電話連絡がきたのです。派遣会社の人から詳しく説明を聞くと、カード会社が差し押さえを行ってしまったために、ぼくの今月分の給与は振込することはできないので、供託をなると言われました。月給が貰えなくなると聞いたショックもありですが、自分の借金が返せない状況をお世話になっている派遣会社にもばれてしまったのにもショックで何を言えばいいかわからなくなりました。

派遣元の担当者がそういう事だったらと出してくれ、借金問題専門の相談窓口にどうすればいいか相談して来た方がいいと教えてされたたのです。自分もインターネットで調べて後に聞いてみたのですが、そのとき紹介していただいた弁護士さんは借金整理に専門対応した事務所でした。相談を聞いてくれた弁護士に今後の借金について相談してみたところ、債務整理の手続きをすればをという提案を受けることができました。資産状況から自己破産することを地方の裁判所へ申請してから、同時破産廃止の申し立てを行い、それまで続いていた差し押さえが解除されて、抱えていた債務の精神的負担からも抜け出せるされて、新しい気持ちで生活を再建できるとのことでした。ぼくは自己破産の手続中に働くことが制限される仕事でもなかったでしたし、人材派遣会社にも給料が差し押さえられていると電話があった段階で返済のことににっちもさっちもいかないのはわかっていたので、僕は自己破産についての正式な手続きを弁護士さんにお願いしたのでした。ギャンブル等で散財を繰り返している訳ではないと裁判所で説明したので、自分が思うより早く破産申請が認められました。200日以上過ぎてもかかる人もいるということと伺ったのですが、弁護士事務所のお力添えもお蔭で、約2ヶ月半のあいだで自己破産の申請が下りました。

増えた借金の返済に頭を痛めることがなくなり、今まで通りの日常や給料の方はそのまま確保することが出来ますので、前向きなこころでやり直せます。むこう5年の間は、クレジットもカードローンも借りたりすることは出来ないのですが、逆に、ローンで返せずピンチ危険はなくなりました。一人で悩みを抱えず早めに任意整理の相談を電話すれば良かったと思い反省しました。