新聞のチラシ、スポーツ新聞紙、電柱に貼られたビラやDMなどで、「多重負債の効率化や

新聞のチラシ、スポーツ新聞紙、電柱に貼られたビラやDMなどで、「多重負債の効率化やります」「負債を一括化しましょう」という売り文句を読むことがあります。

そういったものは、「整理人」「買取人」「紹介業者」と呼ばれている業者の嘘広告のケースも存在します。

頼んだときには自己破産フローの中で一番大切な免責認可を得られないパターンもあります。

「整頓人」の場合は、宣伝などで債務者を呼び出し、すさまじいサービス料を出させて借金整理を行いますが結局のところ借金整頓はされず、負債者はさらに負債スパイラルに堕ちてしまうときが9割方と言えます。

「買取業」の場合は債務者の分割払いで、家電、電車の利用券を仕入れさせ借金者からこれらの品目を値段の20%から半額で買い上げるというやり方です。

債務者はそのときはお金がもらえますがカード企業から買ったものの売値の支払い要求がくることになり、債務を増やす結果になります。

このケースではクレジットカード業者相手の詐欺であるとされて免責をもらえません。

「紹介屋」とは、大手サラリーマン金融から断られるようになった債務人に対して、業者として融通は全くせずに、資金提供を可能である異なる業者を呼び出し、高すぎる手数料を請求する企業です。

紹介人は専門的なつなぎで金貸し可能になったかのように報告しますが本当のところは何もしていなくて、単純にルールのゆるい業者を知っているだけなのです。

このケースも結局のところ負債額をアップさせる結末となります。