民事再生という方法はマンション等のローンがある複数の債務に悩む方を対象に、マンシ

民事再生という方法はマンション等のローンがある複数の債務に悩む方を対象に、マンションを手放すことなく金銭的にやり直すための法的な借金整理の道として2000年11月に適用されるようになった解決方法です。

この制度には、破産申告とは異なり免責不許可事由がないので競馬などで債務ができたようなときでも民事再生手続きは問題ないですし、破産申告が理由で業務が行えなくなるような業種で収入を得ている方でも手続きは検討可能です。

自己破産ではマンションを残すことは不可能ですし、その他の債務処理では借金した元金は払っていかなくてはなりませんのでマンション等のローンも返しながら完済するのは実際には難しくなるでしょう。

ただし、民事再生を取れれば住宅のためのローンを別とした負債については相当な場合においてカットすることもできますので、余裕を持ちつつマンション等のローンを払い続けながらそれ以外の債務を返済していくようなこともできるといえます。

とはいえ、民事再生は任意整理による手続きや特定調停とは違って一部の借金を除き処理することは不可能ですし破産手続きにおけるように借金それそのもの消えるわけではありません。

それから、他の解決手順と比べると処理が手間が必要ですので住宅のためのローンを組んでいて住居を維持する必要がある時などを除いて破産申請などのそれ以外の整理方法がない時だけの限定された処理として考えていた方がいいでしょう。