民事再生による整理はマンション等のローンを含む多重の債務に悩む債務者に対して、住

民事再生による整理はマンション等のローンを含む多重の債務に悩む債務者に対して、住居を維持しつつも金銭管理において立ち直るための法的機関を通した債務整理の方法として平成12年11月に適用された法律です。

民事再生制度には、破産とは違って免責不許可となる条件がありませんので、ギャンブルなどで借金をしたような場合でもこの方法は選択可能ですし破産申告をしてしまうと業務不可能になる危険のある立場で給与を得ている人でも手続きができます。

自己破産ではマイホームを残すことは不可能ですし特定調停等では元金自体は戻していく必要がありますので住宅のためのローンもある一方で返済をしていくことは多くの人の場合難しいと思われます。

しかしながら、民事再生という手続きを選ぶことができれば、住宅のためのローンを除く借り入れについては少なくない負債をカットすることも可能なため余裕を持ちつつ住宅ローン等を払い続けながら他の借り入れ分を払っていくことも可能ということなのです。

ただ、民事再生という選択は任意整理による処理特定調停といった方法とは異なりある部分のみの負債を省いて手続きしていくことは許されていませんし破産のように返済義務それそのもの消えるわけではありません。

それに、別の解決策と比べて処理がめんどうで手間もかかりますので住宅のためのローンがあって住居を手放したくないような場合等を除いて破産申請等他の整理方法がない場合の限定された処理とみなした方がいいでしょう。