民事再生による整理は住宅のためのローンも含む多重の債務に悩む方々をターゲットとし

民事再生による整理は住宅のためのローンも含む多重の債務に悩む方々をターゲットとして、住んでいるマンションを維持しながら経済的に立ち直るために公の機関を通した借金整理の処理方法として2000年11月に利用できるようになった解決策です。

民事再生は、破産宣告とは異なり免責不許可事由がありませんので賭け事などで借金ができた場合も民事再生は可能ですし破産申告をすると業務の停止になるような業種で生計を立てているような方でも手続きができます。破産申告では、住んでいるマンションを手元に残すわけにはいきませんし任意整理等では、元金そのものは戻していくことが必要ですので、住宅ローン等を含めて返していくことは実際のところは困難だと考えられます。

といっても、民事再生を取れれば住宅のローン以外での借入は少なくない減らすこともできますので、ある程度余裕にマンション等のローンを払い続けながら負債を支払っていくようなことができるということになります。

民事再生という選択肢は任意整理や特定調停等とは異なって一部の負債を省いて手続きを行うことは許されませんし自己破産の際のように借金それそのものなくなってしまうということではありません。そのほかの手続きと比較して手続きの方法が簡単には進まず手間もかかりますので、住宅のためのローンがあり住居を維持していきたい状況など以外において自己破産などのそれ以外の方法がない時の方法と考えるのがいいと思います。