特定調停というのも任意整理による処理と同じように、おのおのの貸し手に対して借金の

特定調停というのも任意整理による処理と同じように、おのおのの貸し手に対して借金の支払いを行っていくことを前置きとした借金を整理する手順になります。          
分かりやすく説明すると裁判所が処理する負債の整理といえます。
          
この手順も任意整理による処理と同じように自己破産とは異なってある部分のみの負債のみを処理することが可能ですので、保証人がいる借金以外だけを手続きをしたい場合や自動車ローンを除いて手続きをする際等においてでも適用することも可能ですし築き上げてきた財産を処分する義務はないので自動車や不動産などの自分名義の資産を持っていて、処分してしまいたくない状況でも有効な債務整理の手順です。 

         
いっぽう、手続き後返済していく額と実際としての収入を比較検討し、適度に返済の計画が立つようならばこの処理を進めることに問題ありませんが破産宣告のように負債そのものがなくなるということではありませんのでお金の金額が大きい場合などは、現実問題として特定調停の手続きを進めることは困難だということがいえるでしょう。

          
特定調停による解決は国の機関が間に入るため司法書士等に依頼しなくても不利になってしまう心配がないということや手続きにおいての諸経費を節約できるという益がありますが、債権者からのわずらわしい取り立てに対し対応することになることとか所定の裁判所に幾度も行くことが求められるなどといった留意点もあります。
          
任意整理との比較になりますが調停が終わる段階で和解が成立しない際には年利をすべて含めた金額で振り込んでいくことになるということや最終的に貸し手に払っていく合計が任意整理より増えてしまう場合が多いというような注意点もあります。