特定調停による方法も任意による整理と同じように、各債権者に対して借金の返済を続け

特定調停による方法も任意による整理と同じように、各債権者に対して借金の返済を続けていくことを選ぶ債務を整理する選択肢なのです。他の表現でいうなら裁判所が間に入る借金の整理といえます。この特定調停という方法も任意整理による手続きと似ていますが破産手続きと異なり一部のお金のみを処理していくことができますので、他に連帯保証人が関係している負債額以外について整理する時や住宅ローン以外で手続きしたい場合等でも活用することも良いですし、財産を処分することは要求されていないため住宅などの個人資産を所有しているものの、処分してしまいたくない状況であっても活用できる借金整理の手続きといえます。

しかし、これから返済していく額と現実の給与等の収入を検討し常識的に見て完済が見通せるのであれば方法を選択するほうが良いといえますが、破産手続きとは違って借金自体が消えてしまうのではありませんので、総量がだいぶある場合には、実際にこの方法での選択をするのは困難であるということになるでしょう。それから、特定調停は司法機関が間に入りますので弁護士等にゆだねなくても不利な立場に立たされることがないことやコストを減らせるという益は注目できますが、貸方からのきびしい催促に本人が応対する必要がある点とか管轄の裁判所に何度か出頭することになるというデメリットもあります。

さらには、任意整理による処理と比べてのことですが調停が終わる段階で和解に達しない際には利子をすべて含めた額で振り込んでいくことが求められるという点や結果的には債権を持つものに対し返すお金が任意整理による処理より割増しになる場合が多い等の注意点もあります。