特定調停も任意整理と変わりなく、貸し手に返済を続けていくことを前提とした借金を整

特定調停も任意整理と変わりなく、貸し手に返済を続けていくことを前提とした借金を整理していく手順となります。

他の表現でいうなら裁判所が間に入る負債整理といえるでしょう。

任意整理による方法とほぼ同じく破産と違ってある部分のみの負債だけをまとめることができますので、他に保証人が関与している借入金以外だけで整理をする場合や住宅ローンの分以外だけを整理をする際などにおいても適用することができますし財産を処分してしまうことが求められていないため株式や有価証券自分の資産を保有していて放棄してしまいたくない場合にも活用可能な債務整理の方法といえるでしょう。

ただ、手続きを取った後返済していく額と実現可能な収入を検討し、おおむね返済の計画が立つようならばこの方法で手続きを進めていくことは問題ありませんが、自己破産手続きとは違って負債そのものがなくなってしまうという意味ではありませんので元金の総量がかなりあるような場合は実際的には手続きを実行するのは困難であるということになります。

いっぽう、特定調停は司法機関が間に入るため司法書士事務所などにゆだねなくても不利になるようなことにはならないということとか、解決するための諸費用をおさえられるというメリットはありますが、債権者からの催促に対して債務者自らが回答していくことになる点とか裁判所にことあるごとに通う必要があるといった覚えておきたい点もあります。

さらに、任意整理との比較になりますがこの方法で和解に達しない場合には利子を全部含めた計画で振り込んでいくことが求められるといったことや結果的に貸し手へ返済していく合計額が任意整理による方法の場合と比較して高くなってしまうことがあるなどといった注意点もあります。