自己破産手続きをする人で抱えているローンに対して保証人となる人物が存在するときに

自己破産手続きをする人で抱えているローンに対して保証人となる人物が存在するときには、あらかじめ連絡しておいたほうがよいでしょう。

再度、強調しておきますが、債務に保証人が存在する場合は、自己破産以前にちょっと考えた方がいいでしょう。

なぜなら、今あなたが自己破産をしてOKが出ると保証人になっている人があなたが借りた義務をまとめて背負う必要があるからです。

だから、破産手続きをする前に保証人にその詳細や現在の状況について説明しつつ、お詫びの一つもなければなりません。

それは保証人からすると当然必要なことです。

負債者のあなたが破産手続きを取ることから、とたんに膨大なローンが発生することになるのですから。

そして、以後の保証人の選ぶ選択ルート以下の4つになります。

一つめはその保証人が「みな返す」という選択肢です。

あなたの保証人がいつでも大きないともなく支払うことができるというようなお金を所有していればこれが選択できるでしょう。

でもその場合、あなたは破産手続きせずにあなたの保証人に立て替えを依頼して、自分は保証人に定額返済するという解決策もあるかと思われます。

その保証人が債務者と良い関係にあるのならば少しは完済までの時間を長くしてもらうことも不可能ではないかもしれません。

いっぽうでひとまとめにして返済ができない場合でも業者側も相談により分割に応じるものです。

保証人となっている人にも破産申告を行われるとカネがすべて返金されないリスクを負うからです。

もし保証人がその借金を代わって立て替える財産がなければ借金しているあなたとまた同様に何らかの借金を整理することを選択が必要になります。

続く選択肢は「任意整理をする」ことです。

これは債権者と示談する方法で、だいたい5年ほどのあいだで完済していく形を取ります。

弁護士事務所に依頼する際の経費の相場は債権者1社につき4万円ほど。

7社からの負債があるとしたらだいたい28万円必要です。

貸した側との話し合いは自分でしてしまうこともできますが、法的な経験のない素人の場合相手が自分たちに有利な条件を勧めてくるので、注意が必要です。

それに、任意整理になるとしても保証人となる人にお金を負ってもらうわけですから借りた人は少しずつでも保証してくれた人に返済を続けていく必要があるでしょう。

3つめは保証人となっている人も返せなくなった人と同様「破産宣告する」という選択肢です。

返済できなくなった人と同じく自己破産を申し立てれば、あなたの保証人の負債も返さなくて良いことになります。

ただ、もし保証人が株式などを持っているならば所有する個人財産を失ってしまいますし、証券会社の役員等の職についているならば影響があります。

そういった場合は、個人再生という処理を活用できます。

では4つめの選択肢は「個人再生制度を使う」ようにします。

マンション等を手元に残したまま借金の整理を希望する場合や、自己破産では資格に影響する職務についている方にメリットのあるのが個人再生による整理です。

これならマンション等は処分する必要はありませんし破産宣告の場合のような資格制限等が何もかかりません。