自己破産手続きを行ったとしても家庭にじかに事実関係の報告などがなされるといった類

自己破産手続きを行ったとしても家庭にじかに事実関係の報告などがなされるといった類いのことは考えにくいと言えます。したがって親族には発覚してしまわないように破産の申立てが可能かもしれません。ところが、実際問題として、自己破産というものを希望する時点で公的機関から同一住居に住む家族の賃金を証する証書や通帳の複製等といった証明書類の届け出を余儀なくされるというということがありますし貸し主から家族や親族へ督促が来ることもありますので近親者に知られてしまわないように自己破産というものがすることが可能だという確証は望むべきではないといえるでしょう。親族に秘密にしてそれ以後に知られてしまうよりかは、恥を忍んで打ち明けて皆が協力し合って破産の手続きを行う方が安全と言えるでしょう。なお同居していない家族においては自己破産を行ったことが明らかになってしまうなどといったことはまず考えなくて良いと理解して間違いありません。夫(妻)の返済義務を失効させるために離婚届の提出を図る早まった夫婦もいらっしゃるようですが、実は、たとえ夫婦同士であっても法律的には当人が(連帯)保証の名義人を請け負っていないならば民法上では拘束はないと言えます。その一方で保証人という身分になっているときはたとえ離婚届の提出を行ったとしても法的な責務は残存しているとみなされるため支払い義務があると思われます。したがって離縁することを行うことで返済義務の支払い義務が無効になるといったことはあり得ません。ところで、しばしば債権保持者が借り手の家族や親類に支払いの請求に及ぶ場合もありますが、保証人あるいは連帯保証人にサインしていないならば子供と親の間、姉と妹などという家族や親類間の債務について借りた本人を除く近親者に法律的な法的な支払い義務はないのです。まず、業者が法的な支払い義務背負っていない親族に対して支払いの催促をすることは貸金業規制法を実施する上での行政府の事務基準で固く禁じられているため請求のしかたによりますが請求の規制にたがうこともあります。従って支払い義務とは無関係であるにも関わらず債務をもつ人の家族が支払の催促を受けてしまったようならば、借入先に向け請求を止めるよう通告する内容証明を送ると良いでしょう。人によっては債務者がとてもかわいそうだからと思ってしまったために本人を除く家族や親族が返済義務を代わりとして返してしまうということもまりますが、債務をもつ本人幸運に安心して何度も多重債務のトラブルを引き起こしてしまうことがよくあります。という訳ですから、借り手本人の立場で思いやれば冷たいかもしれませんが借金を持つ本人手によってお金を返させるか、それが現実的でないようであれあば破産申立をやらせた方が本人の健全な社会生活を全うするためには良いと言えるでしょう。