自己破産申立てを実行したとしても公的な機関から家庭に直接連絡がいくことは考えにく

自己破産申立てを実行したとしても公的な機関から家庭に直接連絡がいくことは考えにくいと言えます。それを真に受ければ家庭には明らかにならないように自己破産の申告が可能だとも考えられます。しかし、現実問題として自己破産手続きを申し込むときに裁判所などから同じ屋根の下に住む両親や兄弟などの収入を明らかにする書類や通帳のコピー等といった証明資料の届出を余儀なくされるというようなこともありますし債権保持者から家庭へ電話がかかるというようなこともよくありますので家庭に知れ渡らないように破産の申立てがすることが可能だという100%の保証はまずないと考えられるのです。近親者にわからないようにしてそれ以降に明らかになってしまうよりも最初の段階で偽らずに本当のことを打ち明けて家庭の方々全員が一丸となって自己破産申立てを試みる方が望ましいでしょう。しかし違う場所に住んでいる親族においては自己破産の申立てを実行したことが事実が知れ渡ってしまうことは取り敢えずのところ考えなくて良いと納得してください。妻(夫)の債務を滅することを目的として離婚届の提出を図るカップルもいるとのことですがそれ以前に夫婦だと書類で認められている場合でもまず連帯保証の名義人になっていないということであれば民法において支払い強制力はないのです。しかし保証人という立場を請け負っている際は離婚届の提出をしても義務に関しては残存すると認められるため法的な支払義務があると考えられます。したがって別れることを行うだけで借金の法的な支払義務がなくなるということはないのです。あるいは現実として貸し主が破産者の家族に支払いの督促を実行するケースもありますが、連帯保証人ないしは保証人になっていないということであれば子と親ないしは弟と兄の間などという家族の返済義務だとしても借りた張本人以外の家族や親類に民法において法的な支払い義務は認められないのです。まず業者が支払義務を持たない家族や親族を相手取って支払いの請求をするのは貸金業関係の法律を実施する上での行政府の営業基準で規制されているため取立ての実施方法によりますが支払請求の規則に違反することもあります。従って、支払義務を請け負っていないにも拘らず債務を負った人の家族が支払の督促を不当に受けてしまったとすれば、借りた会社に向け支払の催促を直ちに止めるよう警告する内容証明の郵便を送ると良いでしょう。情けをかけて借り手の事がいたたまれないからと思うが故に本人以外の家庭が未返済金などの債務を代わりとして返済するということもまりますが、債務者本人が好意に他力本願になって継続的に借金のトラブルを蒸し返してしまうことがよくあります。したがって、本人の心情を考えれば冷たいかもしれませんが債務を負った本人の努力で返済義務を返させるか、自力での更生が出来ないようであれば破産の手続きをさせる方が債務者本人の更生を全うするためには良いと思います。