負債対策で払い過ぎた額が返還されたわたくしの事例について

過払い分と法律を専門とする事務室についての私の経験談です。債務の調整の一つのメゾッドである払い過ぎた分を求めていく事が出来るという事実は、最近そこらじゅうでCMなされているのでぞんじ上げてはいたのです。自分も何年か前まで、25パーセント前後の利息でキャッシングを使用し続けてきたので、相当の払い過ぎた額を要請することができるのが可能に違いないだろうと思っていたんですが、如何様に諸手続きを実行していったらよいか知らなかった為に諦めていたのです。しかしながら、友人の一人がとある法律を専門にしてる事業所を通して過払いしたお金を返還していただく事が出来たことを知ることができたので、私でもネット上で法律を専門にしている事務室を見つけだし過払いした分の要求をおこなってみる事にしたのですよ。

私が見付けた法律を専門にしてる事務所の場合、最初にどのくらい債務があったかということを綿密に説明をしました。そうすると、彼此5年以上にわたって借金を償却してきましたが、その一部にはお金を払いすぎている可能性がある事が明らかになりました。こちらの法律を専門としている事務所だとひと月に千件以上の払いすぎた分の要求をおこなっているので、自分自身もお金が戻って可能性が存在するといっためどが出てきました。法律を専門にするオフィスの方の言葉によると、50パーセント位の確率になってくるけれども、努力して頂きますということでしたよ。

最終的に、わたしの実例だと手数料金を差し引きした結果、20万位過払いしたお金が戻ってくることになったのです。これは天運でした。さらに、この20万を残存の負債に対して充てていくことで、借金の総額を大いに減少させることが出来ましたね。債務のトータル額が減ると、利息分も当然目減りするんで、月々の償却が少し楽ちんになってきました。

諦めていた過払い分ですが、諦めてしまうと勿体ないと言うのが出した答えになりますね。法律を専門としているオフィスの方々のお話だと、5年の間にわたり借金を償還し続けている方は、過払いしたお金ができている見込が存在しているという事でしたよ。このように借金のいろんな問題は、解決していくことが可能となるのですよ。一人だけで悩んでいる事は何とももったいない事なので、弁護士や司法書士など法律のプロにご相談してください。