雑誌の折込広告、スポーツ新聞、電信柱に見られるチラシやダイレクトメールなどで「負

雑誌の折込広告、スポーツ新聞、電信柱に見られるチラシやダイレクトメールなどで「負債の整理任せてください」「借金をまとめたくないですか」などの惹句を読むことがしばしばです。

このようなものは、「整理業者」「買取業者」「紹介業者」と呼ばれる業者の広告のときがあるということです。

このようなものを利用したケースでは破産申立フローの中で免責許可を受け取れない恐れがありえます。

「整頓屋」の場合、ダイレクトメールなどで負債者を引き寄せ、手数料を受け取って借金整理をしますが本当は整理は行われず、当人はさらに負債スパイラルに堕ちてしまうケースが大方と予想されます。

「買取専門人」というのは借金者の分割払いで電車のチケットを多量に注文させて依頼者からそういった品目を売値の20%から半額で買取るという手口を使っています。

負債人はそのときは小金が増えますが、そのうちクレジット企業による商品価格の全額の請求が送られてきて、現実には負債額を悪化させるだけです。

この場合、クレジット会社への犯罪行為として免責承認を手に入れられなくなります。

「つなぎ業者」とは、人気のサラ金から断られるようになった負債人に、業者としては融資は全然せずに、資金提供を可能な別の貸し手を知らせ、すさまじい紹介料を請求する企業です。

紹介者は自らの経由で融通可能となったように話しますが、本当は何もしていなくて、単純にルールの通りやすい店を教えているというだけです。

このケースだと本当は負債額をアップさせるだけです。