自己破産手続きは端的に定義するならば債務の返済が不能になったという裁定を与えられ

自己破産手続きは端的に定義するならば債務の返済が不能になったという裁定を与えられた時点での借り主が保持している一切の持ち物(生存上最小限度なくてはならないものは所持しておくことを認められている)を回収されてしまう代わりに … [Read more…]