破産の手続きは端的に定義するならば返済不能の判断を下された時点での借り手が所有す

破産の手続きは端的に定義するならば返済不能の判断を下された時点での借り手が所有する全部の私財(生きていく上で最小限必要なものは所有しておくことを許可されている)を奪われてしまう代わりに、全部の借入金が帳消しに出来るのです … [Read more…]